2008年05月10日

抜糸したよ

手術して「10日後に抜糸です。」
前回、お医者様に言われていたので
会社帰りにソフィと行ってきましたょ病院

05-10-002.jpg

ソフィは、先生の顔を見たとたん
しっかり私の肩にしがみついて、


「くぅ〜ん・・・犬(泣)


手術の時を思い出したようでした。



ソフィ・・・今日でおなかチクチクの生活から
抜け出せるから頑張ってよあせあせ(飛び散る汗)

しぶしぶ診察台へ・・・
診察台でソフィは仰向けにされ
パチンパチンと手際よく抜糸されはさみ
最後に黄色い粉?みたいなお薬をかけられて5分くらいで終わりました。


じゃ〜ん目かわいい

05-10-001.jpg

よかった!まだ傷口は残るものの、
おなかの傷、ちゃんとくっついてます顔(笑)




おなかを切る前はこんな感じでした。

04-26-001.jpg

後はかさぶたが、きれいに取れれば完璧とのことるんるん




そして・・・ずっと気になっていたこと。
どうして、ソフィはこんなに細かく針金で留められたのか
先生に聞いてみました。


通常だと、外に見える部分は3〜4針で、
おなかの中(見えない部分)を溶ける糸で、縫っているのだそうです。
脂肪の層と、筋肉の層、もう一つは忘れてしまったのですが3種類の
層があって、そこを溶ける糸で縫い合わせるとのこと。


だから、みなさんのブログを見ても3〜4針だったのか・・・と納得ダッシュ(走り出すさま)




では、なぜソフィが11針も、縫われたかというと・・・




ソフィのおなかには脂肪などの層が少ないのが原因。




おなかの中で縫い合わせても、脂肪や、筋肉の層が薄く
溶ける糸が体外へ飛び出し、菌が入る恐れがあるとのことでした。


そのため、その「溶ける糸」を体外へ出さないように
さらに細かく縫ったとのことでした。

絵まで描いて、丁寧に教えてもらいました。

もちろん病院によっては、まったく同じということは
ないと思いますexclamation




ただ信頼していた先生だっただけに、
この1週間くらいなんでだろ〜?なんでだろ〜?と
ずっと不思議&不安に思っていたので、
ようやく納得できましたぴかぴか(新しい)

先生、疑ってしまってごめんなさぃ(笑)バッド(下向き矢印)


ということは、11針どころか・・・
もっと縫っていたということですね・・・

04-26-002.jpg

ソフィ、よくがんばってくれたね顔(泣)
もぅ痛い想いはさせないよ!!!



05-10-004.jpg






ニックネーム asa* at 15:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 避妊手術の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする